不動産用語集

ホーム > 不動産用語集

不動産用語集では、お部屋探しをされている方やオーナー様として検討されている方など不動産に携わる方々にお役に立てていただける様、不動産に関する基本的な用語を収録、解説して行きます。

■建物の種別

アパート

一般的に2階建てなどの低層住宅が多い、当社ではパナホーム施工の軽量構造が多い木造や鉄筋コンクリート造りの集合住宅。(当社ではパナホーム兵庫施行の軽量鉄骨作りが多い)

一戸建て

集合住宅でなく、1棟で1戸の家屋。戸建て。

コーポ

コーポラティブハウス(共同住宅)の略。日本では主に木造や鉄筋コンクリート造りの集合住宅。特に法律で定めれてはいないため、アパートやハイツと特に違いはなく、使用は自由。

二戸一

独立した複数の住宅が水平に連続している住宅の形態。隣接する建物の壁を共有にせず、狭い間隔をあけてそれぞれの建物に壁を作っているものもある。外見上は連続建てであるが、一戸建てのよう各戸の独立性が高い。

ハイツ

アパートの呼称として使用する場合が多い。また、集合住宅・住宅団地などにつける呼び名。

マンション

一般的に3階以上の中高層の集合住宅で、構造が鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物。

メゾネット

マンションなどの集合住宅で、一つの住戸が2階層で中が内階段でつながっているタイプのこと。集合住宅の住戸形式の一つで、居住空間が立体的に配置でき、一戸建て感覚が味わえる。ただし、階段を入れるため、ある程度床面積がないとこの方式はとれない。

バイアフリー
住宅

障害者、高齢者が安全に暮らせるために住宅内のありとあらゆる障壁を除去した住宅のこと。

テナント

借地人、借家人のこと。現在では事務所ビルなどを借りる事務所や店舗およびその借主を指すことが多い。

テラスハウス

2階建ての連棟式住宅のこと。一戸建て住宅の一種類で、各住戸がテラスと専用の庭を持っていることから「テラスハウス」と名づけられた。隣家とは共用の壁で連続しているので、連棟建て、長屋建てとも言われる。

タウンハウス

建物に関してはテラスハウスと同じような連棟式だが、敷地はマンションなどと同じように共有して所有している。テラスハウスは団地の一形態として建設されることが多い。また、賃貸用テラスハウスは戸建感覚があって、ファミリーなどに人気がある。

コートハウス

建物や塀で囲まれた中庭がある住宅のことで、建物の中央付近に設けた中庭を取り囲むようにつくられたプランの住宅の総称。通風や採光を確保しながら、プライバシーも守れるメリットがあるので、建物が密集して南側に大きな開口部がとりにくい都市部でよく採用される。坪庭を取り込んだ住宅なども、コートハウスの一種といわれる。

■設備

アルコーブ

マンションの共用廊下から窪んでいる部分の玄関先スペース。ドアが廊下にはみ出さない点や、家の中を見られづらい利点がある。

インフラ

道路や上下水道、電力、通信設備など生活や産業の基盤となる施設の総称。

L、D、K、S

L:リビング 
D:ダイニング 
K:キッチン 
S:サービスルーム(収納)
の略記

エントランス

マンションなど大型集合住宅の入り口の事。各戸のポストや住人向けの掲示板などが設置されていて、照明などデザインに凝ったものもある。

オートロック

マンションの共用玄関を遠隔操作で施錠・開錠するシステム。

オール電化

主に一般住宅で調理・給湯・冷暖房などの熱源を電気でまかなうこと、及びそのシステムを導入した住宅。燃焼機器を使用しないため、従来型の住宅に比べて火災の危険性が低く、室内・空気の汚れも少ないなどの利点があるとされ、二酸化炭素排出削減の観点からも導入が推進されている。

ガレージ

屋根付き駐車場。一般的に屋根がないとパーキングと言う。

クローゼット

収納庫のこと。ハンガーパイプが設置され、衣類を収納するものが多い。

サービスルーム(SR)

他に納戸・フリースペース・多目的ルームなどとも言う。窓が無いなど居室としての採光基準や換気基準を満たしていない部屋状の収納スペースで、主に荷物の収納部屋等に利用される。

サニタリー

浴室、トイレ、洗面所などの総称。英単語Sanitary「衛生的な」が由来。

システム
キッチン

キッチンの機能を一体化した設備。具体的にはコンロや流し、調理台やオーブンなど。その他の機能が付く事もある。

システム
洗面化粧台

洗面ボウルや水栓、シャワー、照明、鏡やコンセント、収納など、洗面時に必要な機能を一体化した化粧台のこと。

シャンプー
ドレッサー

洗髪用のハンドシャワーが設置されている洗面台のこと。洗髪洗面台と表記されている事もある。

シンク

流し台の事。台所や洗面所にあるものや外の水道にも設置されている場合もある。

スキップフロア

住戸内に中2階のように半階分ずらした居室を設けること。住戸内に上下の段差をつくることで、各室に独立性を持たせる。ステップフロアとも呼ぶ。

スプリンクラー

勾配のある通路で、主に車椅子や歩行障害のある人が段差のある道や階段の代わりに利用する。

スロープ

自動散水消化器ともいわれる消火設備の一つで、水に高圧をかけ飛沫にしてノズルから散布する装置のこと。連結される送水管は常時水を満たしている湿式と圧縮空気による乾式とがあり、湿式の方が一般的である。

ダクト

換気や空調設備の通路として利用される配管の事。

テラス

ダイニングやリビングから直接出入りできるようにした、庭に向いた広めのバルコニー。部屋と庭をつなぐ中間的なスペース。

トランクルーム

住戸の玄関脇や地下などの共用部分に設置されている収納庫のこと。サイズは半畳から1畳ほど。高さのあるものなどが収納できて便利。利用料が必要な場合も。

バリアフリー

日常生活を営む上で、高齢者や身体障害者などの行動の妨げとなる障壁(バリア)をなくすことで、住宅においては室内の段差をなくしたり、廊下や出入口の幅に十分なゆとりを持たせるなど、高齢者や障害のある人でも生活しやすい空間にすることを指す。段差解消、手摺りやエレベーターの設置などがあるが、物理的なもののほか制度的・心理的障害の排除を含むこともある。とくにバリアフリー住宅と言う場合、フラットな床、車椅子が通れる廊下幅、浴槽のまたぎ高さの抑制、要所の手摺りなどを備えたものを指す。現在はハートビル法によりマンションの共用部もバリアフリー対応型が増加。

バルコニー/
ベランダ

建物の壁面から突き出した床の部分をいう。バルコニーやベランダは、マンションの場合共用部分とみなされるので、各住戸の専有面積に算入されない。またマンションの各住戸の所有者は、バルコニーやベランダに物を置いて火災時の避難に支障をきたしてはならないとされている。一般的にベランダは屋根付、バルコニーは屋根なし。

PS

パイプスペースの頭文字を取った表記で、いろいろな配管が収納されている。

フローリング

木質系の床材のこと。大別すると、ナラやヒノキ、サクラなど天然木材を削って作った単層フローリング(無垢)と、天然木材と合板や集成材を張り付けて使った複合フローリングに分けられる。カーペットや畳に比べて掃除もしやすいが、衝撃音が階下に伝わりやすいので、遮音フローリングを使用する事が必要。

防水パン

防水性の高い材料で作った排水口を持つ皿状の受け台のことで、洗濯機を置くための防水パンを洗濯パンという。このサイズで置ける洗濯機のサイズが決まる。

バスタブ

浴槽のこと。材質では、FRP、ホーロー、人造大理石、タイル、ステンレス、木など多彩。大きさは、肩までつかれ足が伸ばせる洋風タイプ、その中間の和洋折衷タイプがある。

MB

メーターボックスの頭文字を取った表記で、電気、ガス、水道等のメーターが収納されている場所のこと。

ユーティリティ

家事作業のためのスペースで、キッチン、浴室に隣接して設けられることが多い。洗濯機、食器棚、食品貯蔵庫、アイロンなどが置けるようになっている、あるいは置かれている。

ユニットバス

一体化された浴室のこと。一戸建て住宅やマンションで広く使われている。賃貸マンションや小さなビジネスホテルでは、浴槽、洗面台、便器の3つがセットになったユニットバスが使われていることが多い。

ロフト

天井を高くとって、部屋の一部を2層式にしたものを指す。はしごがついていて、昇り降りする。

 

■建物の構造・工法

木造

造耐力上主要な部分に木材を使用している建物。通気性がよく湿度がこもりにくい。遮音性がわるく隣の部屋の音などが聞こえることがある。

S造

鉄骨造のこと。Steel造の略。木造の柱の主要構造部に鉄骨を用いた構造。低層集合住宅や一般住宅などで使われている軽量鉄骨構造(筋交材で壁や床面を補強した「ブレ-ス構造」)や大規模な建築物に用いられる重量鉄骨構造(柱、梁で構成する「ラ-メン構造」)がある。遮音性が悪く、音が響きやすい。

RC造

鉄筋コンクリート造のこと。Reinforced Concrete造の略。柱と梁で構成するラ-メン構造と、一定の厚さの壁の長さで構成する壁式構造とがあり、鉄筋を入れてコンクリートを流し込んで柱を作るので耐震性・耐久性・耐火性に優れた構造。遮音性、保温性も良い。

SRC造

鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。Steel Reinforced Concrete造の略。 鉄骨で柱や梁を組み、その周りに鉄筋を配してコンクリートを打ち込み一体構造にした建築工法のこと。強度に優れ、高層住宅、高層建築物の建設に多く用いられる。

ALC造

軽量気泡コンクリート造。Antoclaved Light Weight Concrete造の略。セメントに発砲剤を混ぜたものである。軽量で強度があるのが特徴。断熱性、耐熱性に優れ主に外壁や部屋の間仕切り等で使用される。

ラーメン構造

柱 と梁、柱と桁、梁と桁、大梁と小梁というような、垂直、水平の軸組材相互の接合状態が剛接合としてつくられている構造。剛接合とは、各部材相互の接合が一 体の構造として角度を変えない関係を維持し、曲げ応力を正しく伝達する接合をいう。鉄筋コンクリート造、鉄骨造がその具体例で、中高層マンションで多く用 いられている。

プレハブ工法

あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法で、使用する建材や、設置に要する時間的なロスを徹底的に軽減できることが長所である反面、規格化され融通が利かない構造や、耐久性の低さが短所。規模の小さいものは、仮設小屋と呼ばれる。

2×4工法

面によって構造体を作る工法が2×4工法。はじめから床、壁、天井を面で作り、6面体で家を形にしていく。面構造なので気密性、断熱性に優れ、地震や台風などの外からの力を面で受け止めるため、抜群の力を発揮する。

2×6工法

外周部の構造用製材の幅を2×4工法の1.6倍の38mm×140mmに広げ、強度、耐震性をさらに極めたのが2×6工法。壁が丈夫な分だけ土台になる基礎にも1.5倍の強さを加味しているので、阪神大震災の1.5倍の地震にも倒壊しない強度が保てる。

■契約関係

敷金

不動産の賃借人が賃料の支払いの保証のために賃貸人に預けておく金銭。賃借人に債務の未払いがない限り賃貸借契約の終了の際に返還される。

礼金

マンション・アパート等を借りる契約をする時に、契約の謝として家主に支払うもの。礼金は契約終了時に返還されない。当社物件では、家賃の0ヶ月〜2ヶ月が通例です。

保証金

関西特有の形態で、礼金・敷金と同じ性格のもの。当社では、家賃の0ヶ月〜1ヶ月が通例です。

更新料

契約期間が満了したとき、その期間を延長し、また新契約を結ぶこと。 それに伴い発生する料金のこと。建物賃貸借契約または土地の賃貸借契約を更新する際に、家主または地主に支払うことが多い。(当社管理物件では更新料は必要ありません。注:保証会社の更新料は必要な場合がりあます。)

手付金

類似される言葉で、仮契約金等の言葉もある。つまり、契約をする前に(予約等で)不動産会社に払うお金であり、そのお金は契約金の一部に当てられる。

仲介手数料

宅地建物取引業者が宅地、建物の売買、交換、賃借の代理、媒介に関して受ける報酬のこと。仲介手数料の額は法令で定められており、業者はこの額をこえて報酬を受けることはできない。

共益費

アパートなどの階段・廊下・外灯・ごみ処理などの共用部分の維持管理のために居住者が出す費用。管理費。

前家賃

翌月分の家賃を当月に支払うこと。6月の末に7月分の家賃を支払う。家賃支払方法、支払期日等は契約書確認。

日割り家賃

月の途中で契約又は退去した場合、家賃が日割りで計算される事。

媒介(仲介)

依頼者(売主・貸主)が宅地建物取引業者に、宅地または建物の売買、交換または賃借の仲立ちを依頼すること。媒介を依頼する場合、媒介契約を結ぶ必要がある。

代理

代理人が本人に代わってその権限内で意思表示をしたり、他人から意思表示を受けたりすること。その結果の法律効果は全て本人に帰する。代理は、親権者などの法定に基づく法定代理と本人から選定されて代理人となる任意代理とがある。民法上、代理は、本人の名前を示さず意思表示をすると、その意思表示は自己のための意思表示と見なされるため、本人の名前を示す必要がある。ただし、商法上、商行為においては名前の表示は不要とされている。

保証人

借り主が家賃が支払えない時に債務を保証する人。

連帯保証人

主たる債務者と連帯して債務を負担することを約束した保証人。通常の保証人が有する催告の抗弁権(民法452条)と検索の抗弁権(同453条)がなく、主たる債務者とまったく同じ立場となる。

家賃保証会社

賃貸住宅の契約時に必要な賃借人の連帯保証人を代行する会社である。賃借人が家賃滞納などの家賃債務の債務不履行をした場合、賃借人に変わって家賃保証会社が代位弁済を賃貸人に行う。賃貸保証会社という呼称を用いることもある。

引き渡し

売買の場合、契約の時に支払った手付金を除いた残金の支払いと引き換えに、不動産が売主から買主の手に移ること。法的には「占有」できる状態になることを引き渡しという。仲介会社を通して買った場合は、この時に仲介手数料も精算する。賃貸の場合も前家賃や仲介手数料などを精算して引き渡しを受ける。不動産では、通常の商品のようにモノ自体をやり取りすることができないので、鍵を渡すことをもって引き渡しになる。

クーリングオフ

割賦販売・訪問販売などによって契約を締結した者が、契約書を受け取ってから一定期日間内ならば申し込みを撤回し、契約を解除しうる制度。